« 2008年4月 | トップページ

2008年10月の2件の記事

2008年10月 3日 (金)

市P連とは・・・

ここ数回「市P連」「市P連」と書いているのですが、そもそも「市P連」とはなんぞや?という方もおいででしょう。

私も市P連役員になるまで知りませんでした。

これは、あくまでもうちの市の場合で、地域や自治体によっていろいろだとは思うのですが、そんなのがあるんだ~へぇ~という感じでお読みください。

「市P連」は正式には「○○市立小中学校PTA連合会」の略です。

つまり、市内の公立小中学校のPTAがまとまった団体。ということです。

活動内容は・・・

う~ん・・・

小中学校それぞれで出してもなかなか通らない要求を、まとめて市に提出したり、PTA主催のイベントをやったり・・・というところでしょうかね。

やってる私もいま一つよくわからないのですが・・・

市への要求などは、各校でばらばらに要求しても「お宅だけするわけには・・・」なんてことになりそうなのを、まとめて要求すればより強く要求できるということでしょうかね。

例えば、今年度からうちの市では小1の給食が4月中に始まることになりました。

これは、昨年度幼稚園の会長をしていたので聞いたのですが、市内の私立幼稚園からもまとめて「4月中に小1の給食を開始してほしい」という要求を出していて、同時に市P連からも出していたようで、だから通ったということもないのでしょうが、より需要が高いと判断された結果だろうと思います。

みんなで協力すれば、なんとかなるさってことなんでしょうかね?

要求することだけじゃなく、自分の学校で困っていることの解決策が他校にないだろうか?なんて時にも、定例会などで聞いたりもできますね。

最近よく耳にする「給食費未払い」の問題など、回収方法を改善すればいいのか?心情に訴えるのか?いろいろ策はあると思いますが、成功例があれば実行しやすいでしょう。

まぁ、そんな感じで「同じ市内の公立小中学校に通う子供を持つ保護者が一致団結しましょう」ってのが「市P連」です。

で、よその自治体ではどうなのかはわかりませんが、うちの市P連の場合は市P連役員は持ち回りで順番が決まっています。

その年度の当番に当たる学校で、学校のPTA役員とは別に(兼任も可ですが)市P連役員を選出します。

全小中学校数が18校、うち2校は小規模校なので合同で役員をすることになっています。

つまり、17年に1度しか回ってこない役員なんですね。

しかも、まだ1順していません。

ということで、手探り状態での役員活動です。

って、17年に一度じゃ2度やる人はめったにいないでしょうねぇ・・・

(会長、副会長、会計は翌年度、翌々年度の当番校の会長などが当たるため、3年ほど連続でやることにはなっていますが)

17年に1度の役員じゃ、毎年手探り状態ですね。

こりゃ~、新鮮でいいや~

って、場合じゃないんですけどね。

そのせいなのか、市P連に対しての温度差が学校ごとにあるのも事実なのでしょう。

私の場合は、今は二男と三男が小学校に在籍しているので、当番校となっている小学校で、今年役員をしています。

で、次に小学校に回ってくる頃には末娘も卒業しているのでやることはなさそうなのですが、その前に、中学に子供が在籍しているときに中学が当番校に当たります。

その時にはきっとやることになるんだろうなぁ・・・

やることわかってるから、いいんだけどね。

来年は、小学校での本部役員もすることになっているし・・・

まぁ、本部役員の方が面白いと思っているのでいいんだけど、あと何年続くんだろう?

ちなみに、小学校にはあと6年半、中学校には9年半子供が在籍することになっています・・・

| | コメント (3)

2008年10月 2日 (木)

結構いい加減なんですね・・・

市P連の書記として半年ほど経ちました。

今は、18日に行われる「教育フォーラム」へ向けての準備中です。

メインは講師を招いての講演会なのですが、今回は携帯電話をテーマとしているため、市内の小中学生の携帯電話の利用状況を調査するために、全保護者へのアンケートを実施しました。

もちろん、各校のPTAに協力を仰いだのですが、各校の取りまとめたものを副校長のネットワークを使って集める・・・はずでした。

が、ここで問題が!

1校だけ副校長の体調が悪く、お休みしているため、取りまとめたはずのアンケート結果がどこにあるか分からず、送れないのでその学校の分は集計に入れないでほしいと、その学校の校長から連絡があったとか・・・

そんなのってあり?

電話でもどこにあるかを聞けないほど重症なの?

副校長、校長ともあろう人があまりにも無責任じゃないですか?

もちろんその学校でもアンケートを書いてくれた保護者がいて、それを集計してくれた役員さんがいるわけですよ。

その労力を無にしなくてはならないほど具合が悪いのでしょうか?

なんだか、学校の先生のイメージがガラガラと崩れて行っています。

そんなにいい加減でも校長や副校長が務まるなんて・・・

一保護者として、呆れています。

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ