« 2008年3月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年4月の2件の記事

2008年4月27日 (日)

総会終了

4/17 ようやく、総会も終わりました。

会長挨拶です。

昨年、この場所で役員として承認していただき、1年間全役員で頑張ってまいりました。

中には、おめでたなどで不本意ながら交代せざるを得なかった方もいましたが、きっと、これからチャンスがあれば進んで役員会を盛り上げていただけることと思います。

今、役員と言えば育児につきもののいやなことのように語られることが多いのですが、先日の役員会では「昨年度の役員さんたちの姿がとても楽しそうだったので、やってみたいと思いました」と言って、今年度の役員になってくださった方もあり、とてもうれしく思いました。

子供を育てることは、とても有意義な尊いことだとわかってはいても、なかなか結果が出なかったり、誰にも評価されないこともあったりとむなしく思うことも少なくありません。

そんな中、役員活動は頑張った分だけ「楽しかったよ」「ありがとう」と評価されるやりがいのある活動だと思います。

今年度の役員決めで残念ながらひとクラスだけ規定数の役員が選出できなかったクラスがありました。

仕方なく、行事ごとのお手伝いだけをクラス内から頼んで、正規の役員は1人でやっていくことにすると通知したところ、役員を引き受けてくださる方がいて、ようやく通常どおりに運営ができるようになりました。

ほかのクラス、また新役員さんたちにも大変ご心配をおかけしたことと思います。

幼稚園ですから、どのご家庭にも小さな子供がいます。

中には介護をしている方、受験生を抱えている方、あるいはご自身が病気を抱えている方など、100人いれば、100通りの都合と事情があるのです。

でも、そんな中でもほんの少しだけ誰かの手助けをすることはできないでしょうか?

役員活動というのは、そんな思いやりに満ちている場でないといけないのではないかと、この1年間の活動を通して、感じました。

 長いようで、短い1年間でしたが、今までの人生の中では1,2を争うほどの中身の濃い、充実した1年間だったと思います。

会長として、貴重な体験をする機会も与えていただき、大変感謝しております。

この後、承認されれば新役員が誕生いたします。

皆様へは今まで通り、新役員へもご理解とご協力をお願いし、役員活動がしやすいようサポートしていただければと思います。

1年間、ありがとうございました。

私の、会長としての1年間の気持ちはこの挨拶にすべて込めました。

本当に楽しく、やりがいのある充実した1年間でした。

今は、役員やって、会長やってよかったな~と心から思っています。

4/22 新旧の中央役員引き継ぎで、幼稚園の会長としての仕事も終わりました。

が、

が、

が、

資料がまだちゃんとできていなくて~

只今、製作中です・・・

最後まで締まらない会長でした。

トホホ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

入園式ですっ!

4月になりました。

新年度です。
でも、まだ役員の仕事は終わりませ~ん!

4月半ばの総会を終えて、そのあとの新役員の引き継ぎが終わらないと、役員活動は終了にならないんです。

で、新年度と言えば、入園式。

会長として祝辞をしなくてはなりません。

正直なところ、入園式の子どもたちなんてこんなおばちゃんの話なんざ聞いちゃいないだろうと思います。

ので、保護者へ「役員って嫌なことじゃないんだよ~」っていうメッセージを伝えられたらと思い、こんな文面にしてみました。

 新入園児の皆さん、ご入園おめでとうございます。

皆さんは今日から○○幼稚園のお友達になりました。
みんなはきっと「幼稚園ってどんなところかな?」ってドキドキしていると思います。
幼稚園は先生やお友達とお庭で遊んだり、お絵かきをしたり、お歌を歌ったりして楽しく過ごすところです。
先生方も前からいるお友達もみ~んな「早く新しいお友達とあそびたいな~」って楽しみに待っているので、明日から元気に幼稚園に来てくださいね。

さて、ご列席の保護者の皆様、お子様のご入園おめでとうございます。

おそらく、前に座っているお子さん以上に「うちの子は大丈夫かしら?」とハラハラドキドキしていることと思います。
でも、大丈夫。

元気なやさしい先生方。
それを支え、まとめる園長先生と副園長先生。
そしておいしい給食を作ってくださる調理の方々や子供たちの安全を見守ってくださる運転手さんとバスの先生。また、こまごまとした雑事を一手に引き受けてくださる事務の先生などたくさんの素敵な大人に見守られてお子さんは幼稚園で過ごします。

楽しいことばかりではなく、時にはお友達とけんかをして泣くこともあるでしょう。
でも、それらがみんなお子さんの成長の糧となるので、先生方は必要以上に手を貸すことはないと思います。

が、必要になったら絶妙なタイミングで手助けしてくれますので、どうぞ先生方を、幼稚園を信頼して、登園していただきたいと思います。

 お子さんが入園されたということは、保護者の皆さんも幼稚園という新しい人間関係を築いていくということでもあります。
○○幼稚園では、親子遠足や母の日、父の日など、お子さんと一緒に保護者も参加する行事がたくさんあります。
また、世間では嫌なものの代表のように言われている、父母の会の役員活動などもあります。

初めは面倒に思い、やりたくないと思うこともあるかもしれませんが「案ずるより産むが易し」という言葉もあるように、やってみると結構楽しいことも、また新しい発見などもあるものです。
どうぞ、おっくうがらずにいろいろなことに積極的にチャレンジして、保護者の皆さんもお子さんと一緒に幼稚園生活を楽しんでください。

平成20年4月9日

平成19年度父母の会会長 李亭

と、言う感じです~。
どうでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年10月 »