« やられた! | トップページ | 終わったよ~ 運動会! »

2007年10月 1日 (月)

やっぱりできたほうがいいのです

エクセル・ワード・・・
いまどきの事務の基本みたいですが、役員の仕事にも役立ちます。

私は割りとこういうことが好きで、過去には関数を使った家計簿も自作。
結構満足いく出来だったんだけど・・・
使ううちにどんどん重くなってきて、半年ほどで使えなくなりました。

それでも、それを作ることで関数の勉強はできたので、それで良しなんですが。

会長になってね、エクセル、ワードばんばん使います。

役員さんに配布する手紙作ったり、電話連絡網作ったり。
予定表も作れば、アンケート用紙も作るって感じですね。

最近作ったのは、もちろん運動会がらみで、役員さんの係りの割り振り表。
でっかく作って、A4サイズに縮小して印字したら、ま~ちっちゃい。
市松模様とか、千鳥格子が見てると目がちかちかして苦手な私には、
どこ見てるのかわからなくなっちゃうんですけどね。

ま、とりあえずは他の役員さんが
「会長、すご~い」
「まめだね~」なんてほめてくれるので、ちょっとうれしいんですけど。
「も~、ほめても出るのは舌ぐらいよ」
って、言うんですけどね。

やっぱりこういうもの、手書きすると大変なので、パソコンができると便利です。
もちろん、手書きには手書きのよさがあるんですが、
ぴゃ~っとすぐに計算ができちゃったり、何枚も同じものが印刷できたりするのはやっぱり便利だなぁ・・・と思います。

|

« やられた! | トップページ | 終わったよ~ 運動会! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51741/8193991

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりできたほうがいいのです:

» Windows(ウインドウズ)の歴史 [パソコン.net]
今でこそグラフィカルなインターフェイスが特徴のWindowsだが、初期のWindows 1.0では、主にMS-DOS上で動くプログラムマネージャーとしての性格が強かった。当時のマシンの解像度の低さから、1.0では現在のようにウィンドウを重ねる機能はなく、タスクの切り替えとともにプログラムを使う必要があった。実際にウィンドウの重ね合わせが可能となったのは後続のWindows 2.0である。メモリ管理も改良された2.0では、パソコンでより多くの複雑なプログラムが動作できるようにな...... [続きを読む]

受信: 2007年10月 1日 (月) 午後 06時30分

« やられた! | トップページ | 終わったよ~ 運動会! »