« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の2件の記事

2007年5月28日 (月)

何を着たらいいのでしょう・・・?

自分自身を「会長」と呼ぶことにちょこっとだけ慣れてきたような気がします。

さて、現在とっても悩んでいることがあります。
それは「服装」。

普段の打ち合わせなんかは良いんですけど、
この先何回か外部の研修会などに参加しなくてはならないようなんです。
そんな時って何を着たらいいんでしょうかねぇ?

子どもが4人の私。
もう10年以上ジーパンを制服のように着ています。
それ以外は、結婚式とか、入園式や卒園式と言った幼稚園や学校行事の時の「かしこまった服」しか無いんです。

しかも、毎回体形が変わっているので「服を買うのは不経済だわ~」と5年ほど前から行事の時には常に着物で通してきた私。
普段着と正装の中間の「ちょっとかしこまった服」ってのが無いんですよ。

ファッションにも疎いし、サイズ的にも種類が少なかったりして・・・
買いに行っても何を買ったら良いのか?
も~、ほんっと??????って感じ。

それに、スカート履いてると「妊娠したの?」って聞かれちゃうから
なんだかスカートをはくのも面倒で、似合わないように思えるし。
でも、今の時期はパンツじゃ暑そうだし・・・

年齢的にも40過ぎってどんなものを着るの?
売っているものはみんな若い人向きかもう少し上の年齢の人向きに見えちゃって・・・
着たいものを着りゃ~いいんだろうけどねぇ・・・
見栄えってものもあるしねぇ・・・

まったくどうしたら良いんでしょう?

雑誌なんかを見ても、40代ってもう子どもも中高生で手がかからなくなってきて・・・
見たいなのが多くて、あまりにも状況が違いすぎて参考にならないんだよね。

会長引き受けて、こんな悩みが出てくるとは思わなかったわ。
どなたかアドバイスいただけるとうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

問題発生!?

5/8初めて七役さんを集めて作業をしました。
内容は、役員さんに配る手紙の準備。
連絡網、各種注意、当番表などなど7枚ほどを配ります。
一人でやってできない作業では無いけど、まだお互いをよく知らないから
ここはおしゃべりの場も必要でしょう・・・と言うことでの召集となりました。

作業は楽しく進み、楽しくおしゃべり・・・となったところで問題発覚。

なんと
会計さんが妊娠したと!

それ自体はおめでたいし喜ばしいことなんだけど、
問題は役員としての作業に運動会の手伝いなど動き回ったりすることが
含まれること。

人によっては大丈夫なことでもあるけど、
それは本当に人それぞれ。
私が大丈夫だからと言ってあなたも大丈夫と言うことではないんです。
また上の子の時に大丈夫だったからと言って今回も大丈夫とは限らない。
私は4人生んでますけど、どの子を妊娠しているときも同じ体調ではなかったからこれは実感。

さてさて、どうしたものかと・・・?

本人はできれば遣り通したいと言う。
でも実際には難しいのでは?と言うのが大方の意見。
で、実作業を良く知っている副園長に相談。

初めは「過去にもやっていた人はいるから・・・」
フォローしだいではできるのでは・・・と。

ところが数日後「フォローも限界があるし、万が一のことがあると大変だから、
変わってくれる人がいるなら変わってもらったほうが・・・」という。
私もそう思う。

幸い、担任の先生に心当たりがあると言うことで、
会計さんへの説得は仕事内容を良く知っている副園長に任せることにしました。
その方が実感がこもっていると思うので納得して辞められるのではないかと思って。

さらに数日後。

副園長から会計さんが辞めること、代わりの人が見つかったことの連絡がありました。

が、問題発生!
「会計」さんの代わりとは言っていないとのことで、
私がそれを連絡することになりました。

代わりの人はお仕事を6月から始めるということで、
会計は難しいかも・・・?と絶望的なお言葉。
幸いなことに、会計監査の一人が会計に変わってもいいと言ってくれているので、会計よりは会計監査の方がやってもらえるかなと思いつつ連絡しました。

やはり初めは驚いてたし、難色を示していました。
「会計はちょっと・・・」と言うことで
「じゃぁ、会計監査は?」と見合いのごり押しをするおばちゃんのように
強引にお願いしてしまいました。

ようやく監査を引き受けてもらい、この件は解決。
良かったよ~。
引き受けてもらえなかったら、他の役員さんに電話掛け捲って
お願いしなくちゃならないところだったもの。

会計をやってもいいと言ってくれた監査さんにも感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »